費用が高い?検診は痛い?婦人科検診の実態とは

働く女性、日々の家事・育児でなかなか時間がとれない主婦のみなさまは
婦人科検診を受けたことがありますか?

 

「オレンジページくらし予報」の調査では、
婦人科検診を毎年受診している人は41.1%。

 

実は、この受診率はほかの公的調査と比べると高い数字になっており、平成22年の国民生活基礎調査では、乳がん検診、子宮がん検診の受診率は25%とさらに低いのが現状です。

 

■検診を受けない理由は「面倒だから」「費用が高いから」

婦人科検診の受診率が最も高いのは50代で、45.2%。

 

会社の制度や人間ドックのオプションメニューとして受診している人が多いのかと思いきや、
20代以下は36.5%、30代は36.4%、40代でも42.8%と年代別でみても半数を切る結果です。

 

日本産婦人科学会専門医の高松潔先生によると、
「たしかに受診のわずらわしさや、検査に時間がかかると感じるかもしれません。
でも、費用が高いと感じている人が多いのは驚き」とコメント。

検査に時間がかかることはネックポイントかもしれませんね。

 

費用については自治体によっては補助があることも。差はあるものの、自己負担額は10,000円程度。
月々で割ると約1,000円~2,000円と、毎月の美容院代や化粧品代と比べると突出して高い、というわけではありません。

 

■女性特有の悩み、不安は溜め込まない!

高松潔先生が注目したのが、
「生理痛がひどくて仕事が手につかなくなったことがあったが、
 男性の上司には言えない(25~29歳・フルタイム有職者)」

 

「少し体調が悪いと感じても、更年期障害のひとつかもしれないと思うと、
 わざわざ医者へ行くことをためらう(50~55歳・主婦)」というコメントでした。

 

女性特有の生理痛や更年期障害は、なかなか他人に理解してもらいにくく、相談もしづらいもの。
しかし自分のカラダの不調とはしっかりと向き合う事が大切です。

 

■定期的な検診を心がけ、難しい場合はかかりつけの婦人科医を。

「1回の出費としては小さくないものの、
婦人科検診では女性特有のがんを早期発見するために欠かせないもの。」

 

万が一のときの費用や心身の負担を考えれば、
早期発見にかかる費用は安い!と考えてはいかがでしょうか。

 

最後に

婦人科検診の実態についてお伝えしましたが、いかがでしょうか?
仕事が忙しい・・・
なかなか時間がとれない・・・と、ハードルはいくつかありますが、
自分自身のこと、1年に1度だけでもしっかりと把握しておくべきです。

まずは近くは婦人科へ相談に行ってみていかがでしょうか?