ベトナム旅行者必見!ハノイ市内のおすすめ宿泊地をエリアごとに解説

ベトナムのハノイに旅行するとき、ホテル予約サイト等を通じて宿泊先を探すことでしょう。そこで直面するのが「ホアンキエムエリア」以外の土地の雰囲気が全く分からないという問題です。

ホアンキエムは、ハノイ市を代表する観光エリアとして情報が豊富。そのほかのエリアの情報は充実しているとは言えません。実は、ホアンキエムよりも、その他のエリアの方が宿泊地としてのメリットが多いんです。そこで、ハノイ市内のおすすめ宿泊地をエリアごとに解説します。

ハノイ宿泊の大定番のホアンキエムはどんな所?

ハノイ市内の宿泊先を探すとき、検索によりもっともヒットする確率が高いのがホアンキエム(Hoan Kiem)。ハノイ市の「旧市街」に位置するエリアで、ホアンキエム湖周辺の観光エリアを指します。

狭い路地も多いバックパッカーの聖地

「旧市街」と言われるだけあって、昔ながらの狭い路地が入り組んでいるホアンキエムエリア。高級ホテルから安価なホテルまで宿泊施設のバリエーションが豊富という特徴もあります。欧米系のバックパッカーをよく見かけることもホアンキエムならではです。

入り組んだ路地には、ツアー会社、ベトナム料理店、土産物屋、マッサージ店、両替店など、旅行者が気になるお店が密集。そのエリア自体が、観光客向けに出来上がっているので、宿泊地として便利なエリアであることは間違いありません。

治安が悪く何かと割高なのがホアンキエムの難点

ホアンキエムエリアを宿泊先にすれば、観光するのに便利であることは確かですが、その土地ならではのデメリットがあります。ひとつが治安の悪さ。外国人観光客はお金を持っていると見なされるので、何かを狙われることが難点です。

また、「ぼったくり」の大部分はホアンキエムエリアで発生。ベトナム料理店も、外国人をターゲットにしているので割高傾向にあります。観光客ばかりが歩いており、ベトナムのローカルな生活が見えにくいこともホアンキエム宿泊のデメリットです。

宿泊地として注目されているのがカウザイ区

「旧市街」の代表格であるホアンキエムに対して「新市街」の代表格となるのがカウザイ区(Cau Giay)。ホテル予約サイトを検索する際、このカウザイ区と遭遇することも多いのではないでしょうか。

カウザイ区は役所と大学が多いエリア

カウザイ区はハノイ市のなかでも特に広域にわたるエリア。そのため場所により雰囲気はやや変化します。そのなかで共通するのは役所と大学が多いこと。オフィスビルも増加傾向にあり、ローカルビジネスマン向けの中級ホテルも充実してきました。

宿泊地としてのカウザイ区の魅力は治安が良いこと。ビジネスマンや大学生が多いことから、危険な目に合う可能性が低いというメリットがあります。大学付近のホテルなら、学生向けの食堂や屋台が充実しているため、観光客向けではない現地の食文化を楽しむことが可能です。

カウザイ区にも旅行者向けのエリアが存在

カウザイ区は基本的に観光地化されていません。しかし、街並みの美しさとカフェや食堂の充実度から観光客向けの施設が増えつつある一帯があります。それがNghia Tan Lakeという湖がある辺りです。

Nghia Tan Lakeの周りにはハノイの富裕層が住んでおり、湖のほとりには大きな公園もあるので、ゆっくりとした時間が流れています。魅力的な宿泊地として注目されているのか、この付近に限っては欧米系の旅行者が多数。ノイバイ国際空港やホアンキエムエリアに向かう路線バスがあるなど、交通アクセスも良好です。

日本人としての心地よさを追求するならキンマー通り

はじめてのベトナム・ハノイ旅行なので少しでも日本語が通じやすい宿泊地がいい!そんな人はキンマー通り(Kim Ma)がおすすめです。「新市街」にあるキンマー通りは、通称「日本人街」と言われる、日系企業や日本人向けホテルが集まるエリアです。

日本食レストランが立ち並ぶキンマー通り

キンマー通りの特徴は日本食レストランが集中していること。ローカルな寿司屋から、なじみある日本の飲食チェーンに至るまで、日本人なら入ってみたいと思うお店が充実。日本人向けの美容室や理髪店、サービスアパートも集中しています。

キンマー通りを宿泊地とすれば、日本人向けスーパーで馴染みある商品を気軽に購入することも可能。海外旅行先でお腹を壊した経験がある、現地の食べ物が合うのか心配…そんな人におすすめの宿泊地がキンマー通り付近です。

キンマー通りの飲食店はやや割高傾向

キンマー通りは、日本人駐在者や日本人出張者の利用が多いことから、飲食店はやや割高です。そのため使えるお金が限られている学生旅行者には向いていません。一方、体調管理を第一に考えている、年配の旅行者にとっては安心感が抜群のエリアです。

「旧市街」の穴場であるハイバーチュン区

ハイバーチュン区は、ホアンキエムの近くでありながら、ローカルな雰囲気を楽しむことができるエリア。また、大手のローカル企業が密集していることから、リッチな気分を味わえるカフェ、レストラン、ビアホールが目立つこともハイバーチュン区の特徴です。

おしゃれなベトナム料理屋さんが多数

ハイバーチュン区の特徴は、とくに女性が入りたくなるようなおしゃれなベトナム料理屋さんが多いこと。利用者の多くは現地のベトナム人のため、ホアンキエムとくらべると割高感はありません。

バックパッカー向けの安価なホテルは少ないものの、ハイバーチュン区には観光旅行者向けのホテルチェーンが点在しています。ホアンキエムの狭くて入り組んだ路地とは対照的に、広い道路が整備されているので、夜に一人で出歩いても怖くありません。

ハイバーチュン区ミンカイ通りに足を延ばすことも一案

ハイバーチュン区のなかでも、ロンビエン川の近くにあるのがミンカイ通り。この一帯に足を踏み入れると観光地の雰囲気は皆無になります。しかしながらロンビエン川を渡ればイオンモールロンビエンに行けるなど、日本人には安心感がある要素もあります。

ミンカイ通り付近は大規模開発の真っただ中。そこで建てられた高層アパートの一部は、旅行者が宿泊するための部屋として開放されています。そのひとつが「タイムズシティ(Vincom Mega Mall Times City)」。ホテル予約サイトを通じて予約すれば、高級家具家電付きの富裕層向けの部屋で、プチベトナム居住体験ができますよ。

まとめ

ハノイ市内の宿泊地を探すとホアンキエムエリアが優先的に出てくるもの。しかし、ベトナムのいろいろな側面を楽しみたいなら、ホアンキエム以外のエリアの方がベター。ホアンキエムよりも治安がいい所が多いので、宿泊地としてのメリットも満載です。