正月の定番!おせち料理はいつ食べるの?飽きたらどうする?

お正月になると、家族や親せきみんなで食べるおせち料理。
豪華で華やかな料理にテンションがあがった人も多いのではないでしょうか。
おせち料理は日本で古くから伝わる縁起物。
そのため、食べるタイミングや方法にしっかり意味があるんです。
そこで、おせち料理はいつ食べるの?飽きたらどうする?
気になったことをいろいろ調べてみました!

おせち料理の由来は?

おせち料理は、お正月に食べるおめでたい料理のこと。
もともとは、お祝いの席で、神様にお供えしていた料理だったそうです。
おせち料理といえば、エビや魚などをふんだんに使うイメージ。
これも、歴史的にさかのぼると、今とは異なるようです。
昔は、その土地でとれるものを使い、収穫を感謝するのがおせち料理。
地域により食材が異なるのは、こうした歴史があるからなんですね。

おせち料理を食べるタイミングは?

お正月に食べるおせち料理ですが、気になるのがいつ食べるの?ということ。
私がよく聞いていたのが、正月三が日に食べるというもの。

・忙しいお母さんたちを料理から開放させるため
・スーパーが開いていないので、保存できる料理をまとめてつくるため
・親戚みんなが集まってワイワイ食べるため

正月三が日におせち料理を食べる習慣に、適当に意味づけしていた感じでした。
由来からすると、正月三が日という説はおおむね正解のようですね!
ただ、そのタイミングで食べる理由は厳密には異なるみたいです。
お正月は、神様をお迎えする大切な日。
そんな日に、水や火を使うと、神様を忌み嫌うことに。
そこで、日持ちする料理をまとめてつくり、水や火の使用をストップ!
正月三が日に食べる習慣には、このような深い理由があったんですね。

北海道のおせち料理は大晦日

大部分の地域では、おせち料理をお正月に食べる習慣が定着しています。
しかし、北海道になるとかなり事情が変わってくるんです。
なんと北海道の場合、おせち料理=大晦日に食べる料理!なんだそうです。
調べてみると、だいたい、次のようなパターンのようです。

・大晦日の夜になると親戚が集まり出す:「年寄り」
・おせち料理を食べ始め、新年を迎える:「年寄り膳」

この「年寄り」とは、もちろん老人の集会のことではありません。
新年を祝う旧暦の行事が「年寄り」。
旧暦では一日のはじまりは日没になるため、新年を祝うタイミング大晦日になるのです。
北海道では、昔からの伝統がしっかり守られているんですね。

現在のおせち料理の定番と言えば?

おせち料理は、料理を美しく詰め合わせる美しさがその特徴。
味だけではなく見た目でも食べる人を楽しませてくれます。
そんなおせち料理を彩る食材には、ひとつひとつ意味があります。

数の子:子孫が繁栄しますように
黒豆:いつまでも災いなく過ごせますように
田作り:豊作になりますように

この「祝い肴3種」は縁起物なので、できるだけ外さないようにしましょう。
また、重箱に詰め合わせる方法にもルールがあります。

一の重:祝い肴&口取り(酒の肴)
二の重:焼き物&酢の物
三の重:煮物

焼き物は海の幸、煮物は大地を連想させる根菜類が中心。
地中に根をたくましく張る根菜類は、末永い繁栄を象徴する食材として、おせち料理の定番となったそうです。

おせち料理に飽きる理由は?

縁起物として欠かすことができないおせち料理ですが、徐々に飽きてくるもの。
お正月を迎えて3日目には、違う料理が食べたくなった人も多いのではないでしょうか。
おせち料理が飽きてくる理由は、次のようなことかと思います。

・基本、冷たい料理が大部分
・味付けのバリエーションが少ない
・昔ながらの素朴な料理が多い

おせち料理に飽きたら、次の料理を欲する傾向があるそうです。

・カレー
・ラーメン
・スパゲッティ

おせち料理とは対照的な、パンチのきいた料理が多いですね。
お正月にファミレスに行くと、異常に混みあっています。
それって、もしかするとおせち料理の反動なのかもしれませんね。

おせち料理に飽きたらどうする?

家族みんながおせち料理に飽きてしまい、誰も手をつけなくなった…。
そうなったら、おせち料理のアレンジレシピにチャレンジしましょう。
そこで、私のおすすめアレンジレシピを紹介しますね。

おせち料理を鍋に変身!

おせち料理の「煮物」は、鍋に変えることがおすすめです。
煮物ごとに味付けが大きく変わらないので、何気に使いやすいんです。
味の雰囲気を一気に変えたいと、キムチ鍋にする人が多いそうですよ。
カレー鍋や、豆乳鍋なんかもよさそうですね。
シメに中華麺やうどんを投入することを忘れずに!

酢の物はイタリアンに変えよう

おせち料理の定番が、紅白なますやタコの酢の物のような酢の物。
口をさっぱりさせるために、おせち料理に酢の物は欠かせません。
そんな酢の物を作りすぎて飽きた…となったら?
ぜひ、イタリアンに変えてみてはいかがでしょうか。
紅白なますのしっかりした味付けは、イタリア風マリネにぴったり。
香草やレモンをふりかければ、おしゃれなイタリアンが完成です。

数の子はチーズやクリームとの相性がぴったり

気が付いたら1か月過ぎていたとなりがちなのが数の子。
お正月を過ぎると、なんとなく食べる機会を失いがちな食材です。
そんな数の子ですが、さっぱりした味はアレンジに最適なんです。
たとえば、クリームパスタの具材に数の子を活用。
数の子にパスタソースがいい具合にからまり、かなりおいしいんですよ。
また、数の子をいれてグラタンを作るという方法も。
マヨネーズとの相性もばっちり!
そこで、ポテトサラダやカボチャサラダにする人も多いようです。

まとめ

おせち料理は、その由来を大切にしながらも、飽きたらアレンジ!
そうすることで、いろいろな楽しみ方ができます。
最近は市販のものを買う人が増えているおせち料理。
基本をおさえながら、自分なりのおせち料理を作るのもいいですね。