睡魔に負けるな!すぐに実施できる眠気覚ましの10つの方法

日中の授業や仕事中、睡魔に負けてしまい、ついウトウトとしてしまう。

くだらない身内の話しから、仕事での大事な商談中にあくびが出て、全然集中できない。

運転中に眠気が・・・気づいたら事故寸前!!??

そんなあなたにとっておきな、今すぐ実践できる眠気覚ましに効果的なご紹介します。

 

眠気覚ましに効く10個の解決法

①洗顔(顔を水で洗う)

顔に冷たい水で刺激を与えると、脳と心臓に血液が集まるという「潜水反射」効果が発揮されます。

脳や心臓の働きが活発になるので、眠気覚ましに効果的と言われています。

 

②歯を磨く

歯磨きをすることによって、洗顔と同じ「潜水反射」効果が発揮されます。

また気分転換にもなるので、おすすめです。

 

③ガムを噛んだり、フリスクなどタブレットを食べる

歯磨きと同様に、口の中に刺激物(ミント系)を入れると、

脳が活性化します。また「噛む」という行為も脳を刺激します。

 

④コーヒー・お茶などカフェインの入った飲み物を飲む

「カフェイン」は覚醒作用の高い物質です。「カフェイン」を摂取すると血液に流れ込み、約30分で脳に到達します。その作用は8〜14時間持続するといわれてます。

(※大量に摂取するのは控えましょう)

 

⑤エナジードリンクを飲む

清涼飲料水として販売されている、最近流行りのエナジードリンク。ただしカフェインやその他の有効成分の含有量が、一般的な清涼飲料水としては多いため、エナジードリンクと称されてます。また糖分も非常に多いので、血液の循環がよくなり一気にパワーアップします。

(※逆に飲み過ぎると、健康には良くないです・・・)

 

⑥あらかじめ食事の量を少なくしておく

何事にも腹八分目です。満腹になるということは、消化器官がフルで活性化するので、知らない間に体に負担を与えています。

 

⑦仮眠をとる

15分~30分程の仮眠は深い睡眠(ノンレム睡眠)になりやすいです。

浅い睡眠(レム睡眠)状態であれば、眠気は取れないので、仮眠はなるべく短い時間がおすすめです。

 

⑧ストレッチ運動をする

体を伸ばすと心身ともにリラックスする効果があります。

深呼吸しながらやると尚更効果的です♫

 

⑨立ったり、会話をする

立つことによって、筋肉運動をしますので、体が起きようとします。

また会話をすることで、脳が活性化しますので、頭がスッキリしてきます。

 

⑩濡れタオルで首・脇の下・脚の付け根を冷やす

首や、脇の下、足の付根には、比較的浅い箇所に太い動脈が走っております。

そのため、少し冷やすだけで体の体温が低下しますので、スッキリ効果抜群です!

 

番外編

①イケメンに近づく(笑)

ホルモンの分泌がかなりの勢いで活性化されるようです。眠い!っと感じて、近くにイケメンがいたら迷わず近づきましょう。

 

②大声を出す

運転中などに効果的です。声を出すことで脳の働きが活性化します。また歌を歌うことも眠気覚ましの近道です。アップテンポで少しキーを大声で歌いましょう!

 

③食ベログなどで美味しいお店を探す

一種の空腹状態を生み出す作用があるようです。美味しいお店の、食べたい料理を見るだけでもアドレナリンが出るので、眠気が覚めるようです。

 

まとめ

眠気が出るには様々な理由があります。解決法も十人十色ですが、出来るものから実施してみましょう!

少しはスッキリすると思いますよ♫