【中目黒】スターバックス リザーブ ロースタリーとは?【2/28オープン】

中目黒のドンキホーテの少し奥のあたりに、何やらスタバの新しいお店が出来るようだ。
ところで、ロースタリーって普通のお店と何が違うんでしょうか。

ロースタリーとは?

47年の歴史があるスターバックスは、コーヒーの品質にはかなり拘っています。
そのスターバックスのコーヒーの世界に心ゆくまで浸かることができるのが「スターバックス リザーブ ロースタリー」との事。国内初、世界で5番目という事はすごそうですが、正直よく分かりません・・・。
単語を調べてみると、スターバックスリザーブとは、スターバックスの専門テイスターが厳選した、最も個性豊かなコーヒーの事です。かなり格式のあるコーヒーですね。ロースタリーとは焙煎所という意味です。
スターバックスリザーブロースタリーでは、焙煎から抽出までの様子を見ることが出来て、お店としてフードやパンの取り扱いもあるそうです。
ものを売る訳じゃなく、コト消費で経験を売るという事ですね。

世界中のスターバックス リザーブ ロースタリー

世界で5番目に出来る中目黒のロースタリー、1号店舗はアメリカのシアトルですが、オープンは2014年と歴史は浅いです。次に上海、ミラノ、ニューヨーク、東京と展開しています。(東京の次にはシカゴが予定されているそうです)
余談ですが、ニューヨークのステーキで有名なピータールーガーが、2020年までに東京にお店が出来ます。ピータールーガーはニューヨーカーが憧れる高級な拘りのあるお店で、まさかアジアに展開するとは・・・とニューヨーカーが驚いていました。それくらい東京は世界的なグルメ都市なんですね。
せっかく、既にお店があるのでTripadviserで上海のロースタリーの評判を見てみると、「広い」「高級」「物販が高い」「繁盛している」との意見が散見されます。このあたりのコメントでかなりイメージがつきました。
ただ、オープンしてしばらく経ってからも、大繁盛しているとのコメントがあったので、中目黒のお店も当面は混雑しそうですね・・・。

スターバックス リザーブ ロースタリー 中目黒店

さて日本1号店のロースタリー。敷地面積は1200平米で地下2階、地上3階建てとかなり大きいな建物です。
中目黒の駅からは意外と距離があるので、田園都市線の方は池尻大橋駅から向かったほうが良いかもしれません。
タクシーで向かう場合も、「中目黒のドンキホーテ」と言えば大概伝わります。

先行入場キャンペーン

スタバブランドで日本で初めて出来るお店なので、最初はかなり混み合うでしょう。
スタバのアプリやサイトから抽選1200名(150組300名×4日間)対象で優先的にリザーブロースタリーへ入れる招待券の応募コーナーがあったので、早速申し込んでみました。
各募集日時が7:00〜9:00の時間帯なので、仕事前にも行けて、平日当選でも問題ないですね。
2019/2/5(火)〜2/11(月)を応募期間として、同伴者は1名まで可です。
応募はこちら:https://www.starbucks.co.jp/youkou/roastery/

スターバックス リザーブ ロースタリー 東京
住所:東京都目黒区青葉台二丁目19番23号