クリスマスの定番シャンメリー!子どもでも飲める? 簡単レシピは?

子どもの誕生日会やクリスマスパーティーの定番といえばシャンメリー。
カラフルなパッケージはパーティーの空間をさらに盛り上げてくれます。
また、シャンメリーの大きな特徴のひとつが「子供でも飲める」という点。
シャンパンやワインのような雰囲気が、大人になった気分にさせてくれますよね。
お酒のようでお酒ではない不思議な飲み物シャンメリー。
そもそもシャンメリーとは何なの?気になったのでまとめてみました。

シャンメリーは子どもが飲んでもだいじょうぶ?

シャンメリーを飲んだときに思うのは「本当にジュース?」ということ。
クオリティーが高いと、気持ち的にほろ酔い気分になることもあります。
そのため、小さいお子様が口にするときはやっぱり気になるものです。

シャンメリーは炭酸飲料

ここでシャンメリーとは何なのか、トレボン食品さんの商品を例に見てみましょう。
品名は「炭酸飲料」。シャンメリーはシュワシュワのジュースなんですね。
原材料をみてみると、想像以上にシンプル。

・果糖ぶどう糖液糖
・酸味料
・香料

何とたったの3つでした!
かんたんに表現すると、砂糖で甘みをつけたジュース。
つまり、シャンメリーは子どもが飲んでもだいじょうぶなんです。

アルコールが入っているものも

ノンアルコール飲料に分類されるシャンメリー。
炭酸飲料と定義されており、実際にアルコール度数は記載されていません。
しかし、微量ではあるもののアルコールが入っていることがあります。
炭酸飲料なのにアルコール入り?と不思議に思う人もいるかもしれません。
実は、アルコール度数は1%未満であれば、お酒と見なされないんです。

パッケージと原材料をチェックしよう

シャンメリーには、子供向けと大人向けがあります。
アニメのキャラクターがパッケージに印刷されているものは子供向け。
おしゃれな雰囲気のパッケージは大人向けと考えていいでしょう。
大人向けの場合、微量のアルコールが入っていることがあります。
アニメのキャラクターがあるときはノンアルコールの可能性大。
心配な人は、念のため原材料をチェックするようにしましょう。

シャンメリーの「ポンッ」を上手に出すには?

シャンメリーを飲むときに感じる幸せ感。
それを演出してくれるのが、あの「ポンッ」という音です。
このような音を出すことから「発音飲料」と呼ばれることも。
シャンメリーは、特別な栓を使用して、この発音を実現しています。

上手に開栓するコツは?

シャンメリーを開けるとき、「ポンッ」という音が上手く出ないときが。
そんなときは条件を整えることでうまく音が出せます。
その条件は次の3つ。

1.しっかり冷蔵庫で冷やしておく(重要!)
2.シャンメリーの瓶を振らないようにする
3.発音するまで手をはなさない

シャンメリーの開栓に失敗すると、大惨事になることも。
ガスのちからで、キャップが飛んでしまうことがあります。

上手くあけるには手首の使い方をマスター

シャンメリーは「乾杯飲料」とも言われています。
開栓に失敗すると、なかがあふれ出たり、キャップが飛んで物が壊れたり…。
せっかくのパーティーが台無しになり、残念な雰囲気に。
そんな失敗をさけるために、手首の使い方をマスターしましょう。

1.手首をしっかり固定する(指先は使わないようにする)
2.キャップをそのまま引き上げる(まわすのは少しだけ)

キャップをあけるとき、指先を使ってクルクルまわしてしまいがち。
実はこのあけ方がシャンメリーの開栓に失敗する理由なんです。
まわすよりも引き上げる方を優先させることがコツ。
「ポンッ」という音と共に、上手くあけられると思います。

シャンメリーのアレンジレシピ

シャンメリーは、サイダーやラムネよりも甘みがあるのが特徴。
そのためデザートづくりにもぴったりなんです。
見た目もきれいなので、パーティーを盛り上げてくれること間違いなしです。

シャンメリーのゼリー

シャンメリーのアレンジレシピの大定番となるのがゼリー。
つくり方はとっても簡単。
水でとかしたゼラチンをシャンメリーにまぜるだけです。
シャンメリーだけでもOKですが、ひと工夫することもおすすめ。
フルーツをいれる、アイスをトッピングするだけで、より豪華なデザートに。
また、牛乳をいれると、きれいな二層のゼリーに早変わりしますよ。

シャンメリーのフルーツポンチ

シャンメリーの開栓音を一緒に楽しみたいならフルーツポンチがぴったり。
事前に準備をしておけば、その場で完成させることが可能です。

1.りんごやバナナなどの果物をカットして皿に入れる
2.フルーツ缶をあけて皿に入れる
3.シャンメリーをあけて、皿に注ぎ入れる

レモンやオレンジなど柑橘類を入れるとさわやかな味に!
事前に果物やフルーツ缶を皿に入れて冷やしておくことがポイントです。
食べる直前にシャンメリーを入れればシュワシュワ感を楽しむことができます。

まとめ

キラキラしたパッケージが幸せな気分にしてくれるシャンメリー。
子ども向けのパーティーはもちろん、お酒を飲めない人がいる席でも大活躍です。
シャンメリーを製造している会社は意外とたくさんあるんです。
しかも、それぞれの会社で味が変わるというのも魅力。
いくつかの商品を買って味くらべするのも楽しいですね。