赤ちゃんの服を手洗いする方法や注意点をおさらい!

赤ちゃんが生まれてからしばらくのあいだ、服は手洗いする方がいいとよく言われますよね。そうは言っても、赤ちゃんの世話が大変な時期に服まで手洗いするのは大変なこと。洗濯を楽にする方法はあるの?いつまで手洗いすればいいの?気になることがたくさん!そこで赤ちゃんの服を手洗いする方法や注意点をおさらいしてみます。

生まれたばかりの赤ちゃんの服は水通しする

生まれたばかりの赤ちゃんの服は、着せるまえにいちど洗濯することが必要です。その理由がこの時期に特有の赤ちゃんの肌。とてもデリケートということはもちろん、どのような成分でアレルギー反応を起こすのかまったくの未知数なんです。とくに新しい服の場合、のりづけされていることから、ちょっとした刺激で肌を痛めてしまうこともあります。

そこで必ず行いたいのが「水通し」。赤ちゃんに着せるまえに、水もしくはぬるま湯で服を簡単にもみ洗いするようにしましょう。そうすることで、のりづけ特有のぱりぱり感がなくなり、ある程度ですが服に付着している成分を取り除くことができます。服を着せたあとも、肌に違和感がないか確認しておくと安心です。

赤ちゃんの生後1か月までは大人の服と分けて手洗いする

服を洗うとき、どうしても大人のものと一緒に洗いたくなるものです。しかし、生後1か月くらいまでは、赤ちゃんの服は分けて洗った方がいいかもしれません。なぜからこの時期の赤ちゃんの服は汚れが残りやすいから。まとめて洗っても、結局、手洗いでやり直し…となることも多いんです。

とくに苦戦するのが、食べこぼしやうんちのよごれ。よごれが付く場所はだいたい決まっています。そのため、気が付いたらしみこんでまったく落ちない!となることも。そのため、日ごろからこまめに手洗いすることが大切になります。バケツに水をはっておき、よごれたものを水につけるようにしておくと、しみこみを防ぐことができるのでおすすめです。

赤ちゃんの服を手洗いするなら洗濯板は必須!

小さいときの赤ちゃんの服はサイズが小さく、ガーゼ素材など洗濯機にあわないタイプのものが多い傾向が。そのため手洗いをする機会がどうしても増えるものです。そこで活用したいのが洗濯板。一時は洗濯機の登場により、家庭で見かけることが少なくなりました。しかし最近、赤ちゃんの服を手洗いするために洗濯板が見直されているんです。

赤ちゃんの服を手洗いする場合、洗濯板のなかでも場所をとらない小さめサイズを選ぶことがポイント。100円ショップでミニサイズの洗濯板を買ってもいいかもしれませんね。また、洗濯板の素材は木製よりもプラスチック製の方がおすすめ。プラスチック製は重さも軽く、布をいためにくいので、やわらかめの赤ちゃんの服にぴったりです。

小さなシミを手洗いで落とすなら洗濯ブラシ

赤ちゃんが小さいうちは、ちょっとした食べこぼしなど、小さなシミがつきがちです。これらを取り除くために便利なグッズが洗濯ブラシ。この洗濯ブラシには2種類あります。ひとつはブラシタイプ。もうひとつがスポンジタイプのブラシです。

スポンジタイプのブラシのメリットは石鹸を泡立てやすいこと。よごれが染みついた部分をこすると、手で洗うよりもかなり楽になります。また、わざわざ洗濯ブラシを買うのはちょっと…というときは、歯ブラシを使うことも一案。ブラシが小さいので力を入れやすく、意外と使い勝手がいいんですよ。

使い捨てタイプも取り入れて負担を減らす

赤ちゃんが小さいうちは、洗濯するものの量や種類が多く、負担が大きくなりがちです。そこで、使い捨てのものを適度に取り入れて無理のないように工夫することも一案。最近は布おむつがふたたび注目されていますが、使い捨ての紙おむつが便利であることは間違いありません。

よだれかけやエプロンは、忙しい時期だけでも使い捨てタイプのものを使うと、洗濯の手間暇をかなり省けます。手洗いのための洗濯板やブラシも、それをきれいにするための負担を考えたら、安いものをどんどん買い替えるようにしてもいいかもしれませんね。

洗濯機で洗う赤ちゃんの服を増やしていく

赤ちゃんは生後1か月を過ぎたころになると、服の素材の種類が増えていきます。綿やガーゼの他に、デニム素材などより頑丈なものも加わります。手洗いすると乾かすのに時間がかかるなど、洗濯機を使った方がいい素材が増えてくるのも事実。そこで徐々に洗濯機で大人の服と一緒に洗えるものを増やしていきます。

ここで注意点となるのが、赤ちゃんの肌に直接ふれないものから洗濯機にシフトさせること。赤ちゃんの肌は刺激に弱いため、大人と同じ洗剤や柔軟剤を使うと肌が荒れてしまうことがあるからです。そこで最初は上着などからスタート。手洗いと洗濯機を併用しながら、手洗いの量を減らすようにしましょう。

まとめ

赤ちゃんが小さいうちは、洗濯の他にもすることがたくさん。手洗いすることは大切ですが、便利グッズや使い捨てタイプのものを上手に取り入れて、負担がかかり過ぎないようにすることがポイント。赤ちゃんの肌のタイプもいろいろなので、様子をみながら臨機応変に手洗いの量を減らしていくことがおすすめです。