【例文付き】脈あり男性が使う言葉5選

気になる男性がいるけど、一緒にいるといい雰囲気だけど…。
そうであっても、自分のことをどう思っているのか、なかなか分からないものです。
脈ありだと思って告白したら玉砕した!となったら悲しいですよね。
それなら、脈ありかどうかを見極める方法はあるのでしょうか。
そこで、彼が会話のなかで使う言葉から判断する方法を、例文付きで解説します。

脈あり男性が使う言葉①:「二人で」

脈あり男性は、意中の女性と一緒に何かをしたいと思っています。
もしかすると、二人でいる様子を、人知れず想像しているかもしれません。
一緒にどこかに出かける、一緒に仕事をする、一緒に勉強するなど…。
好きな人と会話をすると、その人の「願い」が言葉に込められます。
一緒にどこかに出かけたい、一緒に食事をしたい、彼はそう願っているのです。
そして、「二人で」という言葉は、社会から切り離された親密な空間を意識させる効果があります。
そんな状況を意中の女性に意識させるため、何気ない会話のなかで、「二人で」という言葉を使うのです。

脈あり男性が使う「二人で」の例文

・今度、二人で食事に行こうよ(→いつも複数で食事をしている場合)。
・今、二人だけだね(→自分の存在を意識させる)。
・二人で行ったら楽しそうだね(→二人でいる状態を想像させる)。

ただ、単純に二人しかいない状況を説明しているだけのこともあります。
そのため、その場の雰囲気や文脈もあわせて判断する必要がありそうです。

脈あり男性が使う言葉②:「未来」を想像させる言葉

脈あり男性は、何をするのか、どのようにあるのか、好きな女性と付き合い始めた後のことを絶えず考えています。
どのようなデートをするのか、どのような関係を築くのか、未来の自分と彼女の姿を思い描いています。
好きな女性が目の前にいると、自分が思い描く未来を、無意識に共有したくなります。
そのため、意中の女性と会話をするとき、男性は「未来」「将来」を意識させる言葉を使うのです。

脈あり男性が使う「未来」の例文

・こんな部屋に住みたいなあ(→将来、二人で住みたいなあ)。
・カレーが食べたいなあ(→あなたにカレーを作ってもらいたいなあ)。
・○○に行ってみたいなあ(→あなたと一緒に行きたいなあ)。

未来を感じさせる言葉を使っていると思ったら、彼の表情をよく観察しましょう。
何かに浸っているような表情をしていたら、脈ありの可能性が高いかも。

脈あり男性が使う言葉③:「沈黙」もまた脈ありのサイン

会話が弾むのは、一緒にいて楽しいことの証。
そのため、脈ありの可能性が高くなりますが、沈黙もまた同様です。
沈黙が続くと、つまらないのかな、話が合わないのかな…と心配になるでしょう。
もちろん、気まずい空気が流れる場合、それは脈なしのサインかもしれません。
しかし、心地の良い沈黙なら、相手が好意を持っているからこそ、とも言えるのです。
恋愛をしているとき、嬉しさのあまり、ついついはしゃぎ過ぎてしまうもの。
だからこそ、気を使わなくて済む、沈黙が気にならないことも重要なのです。
心地の良い沈黙は、相手への想いをより深めるきっかけにもなるでしょう。

脈あり男性が使う「沈黙」の例文

・沈黙しているあいだ、遠くを見ながら何かを考えている。
・「風が気持ちいいね」など、何かを通じて心地よさを伝える。
・ゆっくり息を吐く、体を伸ばすなど、リラックスする。

沈黙の時間のあいだ、何か考え事をしている様子なら、あなたのことを想っているのかもしれませんね。

脈あり男性が使う言葉④:自分が好きな「料理」

男性がさりげなく自分の好きな料理をアピールしてきたとき、それも脈ありと捉えることができるでしょう。
レストランなどで出される特別なメニューではなく、自宅で作れるような料理であれば、さらに脈ありの可能性が高まります。
最近は「女性=料理を作る」という構図は崩壊しつつあります。
それでもやっぱり、彼女に料理を作ってもらいたい!そう思う男性は多いのです。
とくに、一人暮らしが長い、自炊が得意じゃない、考え方が古風な男性は、好きな女性の手料理を望みます。
そのため、「〇〇が好きなんだ」という趣旨のことを言ったら、料理を作っているあなたの姿を思い描いているのかもしれません。

脈あり男性が使う「食べ物」の例文

・最近、外食ばっかりなんだよね(→手作りの料理が食べたい)。
・肉じゃがを食べたいなあ(→肉じゃがを作って欲しい)。
・ああ、腹減った~(おいしい料理を作って欲しい)。

とはいえ、単に食べることが好きなだけの男性もいるので、そのときに雰囲気から見極めるようにしましょう。

脈あり男性が使う言葉⑤:「落ち着く」という趣旨の言葉

一緒にいると落ち着くという趣旨の言葉も、脈ありの男性が使う傾向があります。
「楽(らく)」「疲れない」なども、心地よさをあらわしているので同様です。
一緒にいて疲れないことは、波長が合っている、気が合っている、ペースが似ているなど、相性の良さを意味します。
一緒にいて落ち着いた気持ちになり、それをあなたに伝えることで、二人の相性の良さを仄めかしているとも言えそうです。

脈あり男性が使う「落ち着く」の例文

・なんだか一緒にいると落ち着くんだよね(→きっと相性がいいんだよ)。
・〇〇さんといると疲れないんだ(→自分にとってあなたは他の人と違う)。
・一緒にいて楽なんだ(→リラックスできる存在だ)

ただ、「落ち着く」というのは、気を使わないということ。
単に女性として意識されていないケースもありますので、彼の表情なども合わせて確認するようにしましょう。

まとめ

気になる男性がいても、自分のことをどのように思っているのか、なかなか分からないものです。
そのため、お互いに探り合ったまま、次のステップに進めずにいるケースも多いでしょう。
そのようなときは、ぜひ、彼が使う言葉に注目してみてください。
ちょっとした言葉や態度から、あなたへの想いが分かるかもしれません。