外国人と結婚する何が変わる?国際結婚ならではのメリットとデメリット10選

近年、国際結婚をするカップルが増えています。外国人と一緒になることで、自分の知らない世界が広がるなど、日本人カップルとは異なるメリットを享受できます。

しかし、思わぬカルチャーギャップに遭遇して想像以上に苦労するなんてことも。そこで、国際結婚のメリットとデメリットは何なのか、10個の視点からまとめてみました。

国際結婚のメリット①:人間関係が広がる

外国人と結婚すると、人間関係が一気に変わります。家族、親戚、友人など、外国人との付き合いは確実に増加。それを通じて新しい異文化体験を重ねることが可能になります。

またSNS等を使って国際結婚の日々を発信していたら、同じような環境にいる新しい友人ができた!なんてことも。結婚を機に世界がぐっと広がることは間違いないでしょう。

国際結婚のメリット②:語学力が上達する

語学力アップは国際結婚ならではの大きな魅力。日々の生活のなかで外国語を使うことが増えるので、無理に勉強しなくても語学力は自ずと伸びていきます。

外国人と付き合う理由として英会話学校に通わなくてもいいから、という人がいるほど。語学力アップが人生の目標のひとつであるのなら、国際結婚は間違いなくメリットです。

国際結婚のメリット③:日本人男性よりもサービス精神が旺盛

また、サービス精神の高さを国際結婚のメリットとして挙げる人も。出身国にもよりますが、女性に対するサービス精神は、日本人よりも外国人の方が旺盛であると言われています。

誕生日、クリスマス、付き合い始めの記念日など…。そんな特別な日にサプライズをしかけ、女性を喜ばせてくれる!それが外国人との結婚の決め手になることも多いそうです。

国際結婚のメリット④:海外に移住できる

外国人と結婚すると、相手の母国に移住する権利が得られます。ただ海外に移住しようとしても、VISA取得や就職などにさまざまな制約が。国際結婚はそれを一気に解消します。

国際結婚により申請できるのが外国人配偶者VISA。最初は在留期限が1年と短いことが多いのですが、結婚生活が長くなるにつれて3年、5年と延びていきます。

国際結婚のメリット⑤:生活レベルが向上する場合がある

外国では日本人女性と結婚することがステータスである国がちょくちょくあります。海外に行って婚活したら、日本よりもいい条件の結婚相手が見つかった!なんてことも。

起業機会に恵まれた国の場合、経営者として成功している若い男性が多数。絶対ではないものの、結婚を通じて裕福な生活を手に入れられることがあります。

国際結婚のデメリット①:文化や価値観が異なる

文化や価値観の違いは国際結婚ならではの苦労。家族や子育てに対する考え方ひとつとっても、日本と考え方がまったく異なるケースが増えてくるからです。

本人の問題というより、そもそも働くことを好まない国民性であることも。そのため仕事が長続きせず生活が困窮、さいごには離婚に至るというケースも目立ちます。

国際結婚のデメリット②:帰省などの交通費がかかる

国際結婚の意外なデメリットがコスト。互いの実家に帰省するだけで、一気に数十万の出費がかさむことが。さらに子供が増えると2倍、3倍と出費がふくれあがります。

切実な悩みとなるのが家族との関係性。海外生活が続くと、日本の家族に何かあっても簡単に帰れません。それにより結婚生活が破綻してしまうカップルも珍しくないそうです。

国際結婚のデメリット③:浮気をしやすい傾向がある

外国人は日本に住んでいると比較的もてる傾向が。また、同じ出身国の女性と知り会うと、母国語で会話ができることもあり意気投合。関係性を深めていく…ということも。

また、相手の国によっては、もともと浮気性な国民性ということもあるでしょう。その場合、近づいてくる女性が多かったら、結婚していても浮気をする可能性がさらに高くなります。

国際結婚のデメリット④:食べ物が合わない

国際結婚のカップルが離婚する原因として占める割合が多いのが食べ物のミスマッチ。とくに年齢を重ねていくにつれて、食べ物の趣向のギャップが埋められなくなるようです。

また、結婚した相手の国や宗教によっては、食べられるものに制約があることが。互いの食文化に歩み寄れなくなると、他のことも上手くいかなくなるという話はよく聞きます。

国際結婚のデメリット⑤:何かと役所手続きが大変

国際結婚をすると、日本人同士よりも役所などの手続きが煩雑になることは確か。結婚するだけでも、それぞれの国で婚姻手続きを行い、さらに追加資料の提出や翻訳が加わります。

離婚するとなるとさらに大変。双方の国で手続きをするのみならず、相手の国では離婚は裁判を通すことが鉄則ということも。そうなると、時間、お金、心労がさらに増えていきます。

まとめ

デメリットを理解したうえで結婚すれば、国際結婚ならではのメリットをたくさん享受できます。そのため、結婚相手との相性や条件だけではなく、相手の国の文化や国民性と向き合ったうえで結婚を決めることが大切になります。