【見え方には違いがある!】男子と女子の「痩せてる」感覚の違い

女子とダイエットは、切っても切り離せないものですよね。気付けば何年も「ダイエットしているから」という言葉を使っている女子も多く、いつまでも自分の体型に自信を持てない子も多いのではないでしょうか。
でもよく考えてみてください。男子は全員、痩せている子が好きでしょうか?太っていたら、彼氏はできませんか?
違いますよね。そんな男子と女子の「感じ方の違い」についてお話しします。

痩せてるってどういうこと?どこまで痩せたら、キレイになるの?

一般的に「痩せている人」というのは、モデル体型のような人を指します。芸能人や雑誌モデルがよく例に挙げられて、目標としている女子も多いのではないでしょうか。

世の中にはたくさんのダイエット法があって、最新のダイエット法は毎年のように生み出されています。サプリメントやジムを多くの女子が取り入れるようになり、健康的に痩せることが流行っていますよね。

ですが、どこまで痩せればキレイになれるのでしょうか。そのために必要なことは、なんだと思いますか?

【ダイエットより自分を好きになろう】いい女は、持ってるもので勝負する!

男女問わず、自分に自信がある人は魅力的に見えるものです。でも「自分に自信を持つ」というのは、簡単ではありませんよね。誰にでもコンプレックスがあって、隠したり無くすために努力しているものです。

ダイエットもコンプレックスを無くすためにする、努力のひとつかもしれません。痩せたり鍛えたりすることで、自分の体に自信を持つことができますよね。でも過度に痩せたり鍛えることは、あまり良いとはいえないのではないでしょうか。

筆者は昔からムチムチな体型をしていて、どんなに努力しても女子らしい華奢な体型にはなれませんでした。これは努力が足りないのではなく、骨格の問題で変えようがないことです。骨の太さはそれぞれ違うので、同じ身長と体重でも見た目には違いが出ます。

昔はそんな自分の体型を隠す服ばかり着ていましたが、あるとき思いきってボディーラインが出る服装をしました。すると世の中には、痩せている女子が好きな男子ばかりではないと知ったのです。

「痩せている=モテる」というのは、女子の勘違いです。女子にも痩せている男子が好きな子もいれば、ムチムチした男子が好きな女子もいますよね。それと同じように、男子にも色々なタイプの女子が好きな子がいます。

いい女は、みんなと同じになろうとしません。誰かと同じになるのではなく、自分にしかないものを探す努力をしています。ナンバーワンになるよりオンリーワンを目指した方が、あなたという価値を見出すことができるんですよ。

【男子にモテたい女子必見】どうやったら自分を好きになれる?

自分を好きになる、というもののとても難しいことですよね。調書より先に短所が見えるもので、直したい、変わりたい、という思いはいつも抱えている人が多いのではないでしょうか。

でも自分に自信が持てて、更にモテたら最高ですよね。そのために必要な「変わる方法」をご紹介します。

今日は何回笑った?たくさん笑う女子はモテる!

男子は基本的に、「愛想のいい子」が好きです。女子よりも繊細な男子は、女子が不機嫌だったり泣いたりしていると、とにかく心配になって気を遣います。それはとても優しい反面、女子にはナヨナヨしているように見えてしまうこともありますよね。

そんな心優しい男子は、いつも明るくニコニコしている子には安心感と癒しを感じています。人生笑ってはいられないこともありますが、笑顔を心掛けるだけで人に与える印象は大きく変わりますよ。

当たり前のことを大切にできる女子はモテる!

誰に対しても平等に接することができる人は、実際とても少ないものです。店員さんや他の人に対しての態度を見て、その人の本性を知ることもありますよね。付き合いが長くなれば、親しき仲にも礼儀ありを忘れてしまいがちになることもあります。

ですが、いつになっても、ありがとうとごめんなさいという当たり前のことができる女子は、モテます。「言わなくても分かるだろう」というのは、言わない側の自分勝手な判断です。してもらったことには感謝を、してしまったことには謝罪を、忘れないようにしましょう。

見返りを求めるばかりじゃなくて、思いやりを持てる女子はモテる!

男子にとって「経済力」というのは、ステータスになります。お付き合いする相手や結婚相手を選ぶひとつの基準にする女子も多く、経済力に惹かれて好きになるというのは不思議なことではありません。

ですが、相手に求めてばかりはいい女のすることではありません。「これだけしてあげたのだから、このくらいは返してよね!」と思うのは普通のことですが、押し付けてばかりでは男子も嫌になってしまいます。

相手の事情や状況を思いやって、できることはしてあげる女子になりましょう。思いやりを持っている女子を、好きにならない男子はいないでしょう。

いい女は「でもでも、だって」を言わない!

話をしていると、自分の意見を言いたくなったり言い訳したくなることもありますよね。

ですが、会話はキャッチボールです。相手がいて成り立つことなので、受け取り手の気持ちに寄り添うことも必要です。意見や価値観の異なることがあっても、否定から入るのはやめましょう。

でもでも、だって!ばかり言う人は、男女問わずに、話していて疲れると感じます。楽しくおしゃべりするためにも、相手の意見は尊重することを心掛けましょう。

変わりたいと思う気持ちが、なによりの原動力になる!

痩せたい、モテたいという気持ちは、誰にでもあるものです。愛する彼氏に「かわいいね」と言われたら、嬉しいものですよね。

長年ダイエットをしていても納得できない女子は、一度思い切ってダイエットをやめましょう。ありのままの自分から魅力を見出す努力に切り替えて、オンリーワンを探すと、ダイエットで納得できるよりも早く自分を好きになれます。

変わりたいという気持ちは、向上心からくるものです。その気持ちが原動力になるので、たまには視点を変えて、自分という宝物を輝かせる方法を探してみてください。

まとめ

私のパートナーは事あるごとに「もっと太ってよ」と言いいます。過去お付き合いした人に「痩せたら?」と言われることはあっても、「太ってよ」と言われるのは初めてでした。

でも不思議なもので、太ってと言われるとどんどん痩せてくるものなんですよね。でも決してガリガリになるわけではなく、ムチムチとした女性らしい体になってくるのです。

男性が全員痩せている子が好きなわけではありませんし、その人にはその人にしかない魅力が必ずあります。みんなと同じになろうとするのではなく、あなただけにしかない魅力を探す努力をしましょう。