インフルエンザの予防接種は打つべき?まとめ

「インフルエンザ」が流行する季節に入ってきました。

友人周りでは、インフルエンザの予防接種を打っている子もちらほら居ます。

事前の対策は大切ですよね!

ただ、インフルエンザの予防接種に賛否があることって知ってましたか?

ネットでは、インフルエンザの予防接種は陰謀説だなんて記事もあります。

そこで今回はインフルエンザの予防接種賛成派、否定派の意見をまとめてみました。

本記事を参考にしていただき、接種有無を検討ください。

インフルエンザの予防接種賛成派の意見

1.予防の一貫

インフルエンザの発症と重症化を抑える効果あります。

インフルエンザワクチンは、接種を受けた人の体にウイルスを排除する抗体を作り、

同じウイルスが入ってきたときにそれを攻撃して発症や重症化を抑えることができます。

 

2.福利厚生の一貫

会社の福利厚生の一貫でインフルエンザの予防接種の費用を負担してくれていることが多いようです。

また会社側としても、社員がインフルエンザに感染すると約1週間は強制的に自宅待機することになります。

感染性も高いインフルエンザなので、事業の生産性を守るためにも、インフルエンザの予防接種を促す会社が多いのも納得できます。

 

インフルエンザの予防接種否定派の意見

1.予防接種しても100%の効果が期待出来ない

はしかや風疹と違って、インフルエンザウイルスは毎年少しずつタイプが変化してます。

インフルエンザの種類も多いので(A型、B型、C型、新型インフルエンザなど)、各タイプ毎にあった予防接種を受ける必要です。

つまりは、予防接種を受けたとしてもインフルエンザに発症する可能性もあるということです。

 

2.副作用が怖い

注射跡が赤くなったり、腫れが引かず広範囲に広がるケースもあるようです。

その他にも、発熱の症状や頭痛、全身にだるさが出る方もいらっしゃるようです。

ひどいケースでは、呼吸困難になる、蕁麻疹がでる、意識レベルが下がる、嘔吐の症状がでるようです。

一般的にインフルエンザの予防接種の副作用が出る確率は、10~20%だと言われています。

 

3.そもそも注射が痛い

インフルエンザの予防接種の注射は健康診断などで請ける注射より痛いです。

その痛みを耐えるなら、予防注射を打たない方もいらっしゃるようです。

接種発症しないというするかしないかわからない。

 

まとめ

インフルエンザの予防接種の賛成・反対派の意見をまとめてみました。

調べていく中で、インフルエンザの予防接種以外のどんなワクチンや薬には多少の副作用があるようです。

インフルエンザの予防接種も例外ではなく、重度の副作用が起きることも事実で死亡例もあります。

(ほとんどの場合は軽度なものだそうです。)

予防の一貫も大切ですし、副作用が起きる可能性をヘッジすることも大切です。

全ては自己責任となりますので、自分の意思でインフルエンザの予防接種を受けましょう。