即効性あり!?眠気覚ましに効く7個のツボ

眠気MAXなのに、身動きがとれないことってありませんか。

学校や職場であくびを噛み殺しながら、必死で起きようとするけど、気づいたらウトウト・・・。

今回は「座ったまま」で周りにはバレない眠気覚ましの方法を紹介します。

テーマは眠気覚ましに効く「ツボ」です。

 

眠気覚ましに効く7個のツボ

①攅竹(さんちく)

眉毛の内側にある大きくへこんだ部分。

攅竹(ちんさく)のツボに対して、下から上へグリグリ回すように圧してみてください。

 

②睛明(せいめい)

攅竹(ちんさく)に近いですが、目頭と鼻柱の間にある骨のくぼんだ部分が晴明(せいめい)です。
指でつまむように、ゆっくりと圧してみてください。

 

③百会(ひゃくえ)

頭のてっぺん(ど真ん中)にあります。

具体的には、左右の耳の延長線と鼻からの延長線とが交わるところにあります。

百会のツボを、下に向かってゆっくりグイグイと刺激します。

 

④風池(ふうち)

風池(ふうち)は、うなじのちょうど外側のへこんだ部分(髪の生え際)にあります。

この風池(ふうち)を刺激することで脳の血行を良くするので、眠気覚ましになります。

両手の親指で下から上へグイグイと圧してみてください。

 

⑤合谷(ごうこく)

合谷(ごうこく)は、人差し指と親指の骨が合流するところにある「くぼみ」です。

万能ツボと言われるくらい眠気覚ましの効果のほか、快便、肩こり、頭痛の解消効果もあるようです。

逆手の親指でグリグリとつまむように圧してみてください。

 

⑥労宮(ろうきゅう)

手を握りしめた際に、中指と薬指の先端が触れるあたりに位置しています。

労宮(ろうきゅう)を中心に、手の平全体をやや強めに指圧するといいでしょう。

 

⑦中衝(ちゅうしょう)

手の中指の爪の、人差し指側の生え際の2mmほど下の部分。
反対の手の親指と人差し指で挟み込んで強く圧してみてください。

 

まとめ

いかがでしょうか?

会議などで身動き取れない緊急事態!眠気であくびが止まらない。

そんなときこの7つのツボをグリグリ圧してみてください。

この眠気覚まし方法で効果でた際は、是非お友達にも教えてあげてください♫