今、話題のMCTオイル!食用油との違いは?ダイエットにいいのは本当?

以前にブームになったココナッツオイルに加え、名前を聞く機会が増えたのがMCTオイル。中鎖脂肪酸を主成分とするものです。体が痩せる、体重が落ちる、脂肪が燃えるなど、ダイエッターを惹きつける紹介が多いことも特徴。そこで、MCTオイルをとにかく摂取!そんな試みをする人も出てきています。

中鎖脂肪酸は、脂質が体内に蓄積される時間が短く、すぐにエネルギーに代わるという性質が。そこから、ダイエット効果があると着目されるようになりました。ただ、MCTオイルの特性を理解して使わないと、コレステロール値が上がる、胃腸に負担がかかるなど、逆効果になることもあるんです。

MCTオイルはココナッツなどに含まれる天然成分

MCTオイルの主な成分は中鎖脂肪酸。ココナッツやパームフルーツなどヤシ科の植物に含まれるものです。その他、母乳や牛乳から摂取することも可能。つまり中鎖脂肪酸は、私たちが何気なく摂取している成分ということ。しかし、中鎖脂肪酸を含んでいる食べ物自体は、自然界にさほど多く存在していません。

ココナッツオイルに含まれている中鎖脂肪酸は約60パーセント。牛乳のような乳製品だと約8パーセントということです。そのため、食生活に取り入れたいと思っても、それが含まれている食べ物自体が限られているという難点が。そこで、中鎖脂肪酸を含んだMCTオイルが注目されるようになったのです。

MCTオイルの特徴は脂肪酸の長さが短いこと

中鎖脂肪酸を英語にすると、Medium Chain Triglyceride。脂肪酸の長さが「中くらい」という意味です。実は、脂肪酸には3つに長さが。「短い」ものの代表例がお酢。乳製品は、「中くらい」に近い「短い」脂肪酸です。そして、中鎖となるのがココナッツオイルなど。オリーブオイルやキャノーラ油、肉類・貝類などの油は「長い」に含まれます。

脂肪酸の長さが短いほど、水になじみやすくなります。それにより、脂質はそのまま肝臓に入り、すぐに分解されます。一方、長鎖脂肪酸の場合、小腸で消化・吸収したあと、筋肉や肝臓などに入ります。つまり、脂肪酸が短い方が、脂質がすぐに分解され、体内に蓄積されている時間が短くなるというわけです。

MCTオイルがダイエットにいいと言われる理由は?

中鎖脂肪酸は、吸収や分解のスピードが速く、脂肪として蓄積されにくい点が特徴的。それがダイエットにいい理由とされています。また、スポーツをするうえで効果的とする見方も。人間の体は、糖分をエネルギーに変え、それが切れたら、脂質を使います。MCTオイルを定期的に摂取すると、脂質を使う体ができあがり、疲れにくくなるのです。

とはいえ、MCTオイル=痩せる油というわけではありません。たくさんとりすぎると、カロリーオーバーになり、コレストロール値が高くなることが。また、過剰摂取も厳禁。消化器官に負担がかかり、下痢や嘔吐をもよおすことがあります。そのため、MCTオイルに頼り切るのではなく、食生活全体を改善することも一案です。

医療現場ではすでに活用が進んでいるMCTオイル

最近、注目度の高まりから、新しい技術により開発された油?と思われがちなMCTオイル。主成分である中鎖脂肪酸は、長いあいだ医療現場で使われてきた歴史があります。たとえば、術後に体力が弱った患者さんの栄養補給。また、未熟児の栄養補給のために使われることもあるそうです。

また、MCTオイルがアルツハイマー病の改善に効果があると指摘する研究もあります。アルツハイマー病の脳は、ブドウ糖の活用に不具合がある状態。体内のブドウ糖が不足すると、肝臓で作られるケトン体が使われることに。ケトン体を効率的に作り出すのが中鎖脂肪酸油。うまく活用できれば、記憶力が上昇する可能性があると、研究が進められています。

MCTオイルの使い方や注意点は?

MCTオイルのいいところは、味や風味にクセがないこと。いろいろな料理にさりげなく取り込むことができます。ただ、MCTオイルをそのまま飲むと、胸やけを起こす、お腹がゆるくなることが。そのため、料理の材料のひとつとして使う方が安心です。

もうひとつの注意点は、MCTオイルの引火温度はかなり低いということ。直接に加熱すると、煙がでてしまいます。野菜炒めなら、食材を炒める油としてではなく、味付けのためのソースとして使うこと。また、サラダに使うときは、オリーブ油のように直接かけるのではなく、ドレッシングの材料のひとつとする方が、食べやすくなります。

MCTオイルを使ったおすすめレシピ

MCTオイルの主な使い方はドレッシング。マヨネーズを手作りするときにMCTオイルが使われることも。トマト、キャベツ、玉ねぎなどのマリネに応用する人も目立ちます。また、野菜とMCTオイルをミキサーにかけてスムージーを作れば、無理なく摂取することが可能に。どの料理であっても、小さじ1~2杯程度にすることがポイントです。

満腹感を得るためには、MCTオイルと乳製品を合わせてとるのがいいとされています。そこで目立つのが、バターコーヒーにする、ヨーグルトと一緒に食べるという方法。なかには、胃がもたれた、体調が悪くなった人もいるようです。この食べ方は、直接的な摂取に近いもの。体調や体質に左右されやすいので、注意が必要です。

まとめ

MCTオイルは、日々の食生活に取り入れることで、健康の維持が期待できます。とはいえ、適度におさえることが大切。たくさん摂取すれば脂肪が燃えて痩せる!という性質はありません。いつも使っている油をMCTオイルに代えてみるだけでも十分。そのうえで、バランスのよい食事と適度な運動で、健康管理をすることが何よりも大切になります。