意外と知らない食品添加物

私たちが生活していく中で、欠かせない食事。
現代ではコンビニやファーストフード、スーパーなどで、何でも手軽に食品が買える世の中になりました。
一方で、これらの便利な食品には食品添加物が多く含まれていることも問題視されていることはご存知でしょうか。

食品添加物とは?

簡単で美味しく、保存が利き、見た目も追求された食品は、合成保存料や着色料、化学調味料などが含まれているものも多く存在し、それは将来的に体に悪影響を及ぼす危険性もあると言われています。
現在、400種に及ぶ食品添加物は、私たちが手軽に買えるほとんどの食品に使われています。
実際に、食品添加物を最も多く使用している国で、第1位は日本です。
色や見た目にこだわる日本人の特性が関係しているのかもしれません。
使用量は厚生労働省が示す基準範囲内ではありますが、絶対に安全と言えるものではないことも理解しておきたいです。

安全性を調べる試験は動物実験

安全性を確認する試験は人間ではなく、マウスなどの動物実験で行われています。
また、人間が長期的に摂取した場合や、複数の添加物が同時に摂取された場合の安全性や長期的な影響は、まだ確証がありません。
食事は毎日のことだけに、食べ続ければ将来的に体内に蓄積され、健康に悪い影響を及ぼすことも考えられます。
食品の裏面に、原材料の表示がされていますが、その中に食品添加物の表記もされています。
現在日本では、厚生労働大臣が指定した食品添加物以外は使用できないことになっていますが、
どんな種類があり、どんな目的で使用されているのでしょうか。

どんな目的で使われているの?

食品添加物は、「味の調整」や「長期保存を可能にする」「色や香りをつける」などを目的に使用されています。

種類と用途

食品衛生法で指定されており、 品目も多く存在しますが、今回は一般的に多く使用されているものをご紹介します。

甘味料

甘みを出す。ステビア、キシリトールなど。
ドリンクやお菓子、ジャムなどに使用されています。

着色料

食品に色をつけ、色調を整える。
カラメル色素、カロテン色素、クチナシ色素、赤色2号、黄色4号、青色1号など。お菓子や清涼飲料水、練り製品に使用されています。

保存料

カビや細菌の増殖を抑え、長期保存をする。
ソルビン酸、安息香酸など。チーズや練り製品、パンや焼き菓子にも含まれる。

酸化防止剤

酸化を防ぎ、保存性をあげる。ソーセージやドリンク、お惣菜やパンなどにも含まれています。

発色剤

色調や風味を「亜硝酸ナトリウム」や「硝酸ナトリウム」など、ハムやソーセージの食肉製品に主に使用されています。

漂白剤

食品を白く、きれいにする。生食用野菜類などに主に用いられています。

防カビ剤

輸入柑橘類のカビの発生を防止する。外国産の柑橘類にイマザリルなどが使われています。
他にも香料や、乳化剤、膨張剤など、様々な添加物があります。

まとめ

食品添加物のことを詳しく調べるほど、何を手に取って良いか分からなくなる方も多いことでしょう。
たくさんの食品がある中で、全てが悪いと捉えてしまうと選択肢が少なくなり、現実的ではないこともまた事実です。
例えば、非常事態の際の保存食は、命を救う事が出来たりと、一概に悪い事ばかりではありません。
その情報を知った上で、どう判断するかが大事なのではないかと思います。
日々の生活で食品添加物を全て避けることは難しいですが、選択することは可能です。
食べたものから体は作られる。だからこそ、自分が口にする食品に少しでも目を向け、選択する力を持っていたいですね。